2015年10月03日

『KONOHA』さんのお庭・・・

昨日は、ガーデニングショップ『KONOHA』さんのオープン日でした。
お庭の一部を工事されたりして、しばらくお休みされていましたが、10月より再開されました。
秋色のお庭を訪ねましたよ。

027.JPG

一目でわかりやすい看板もお目見えです。

037.JPG

秋の日差しと日陰のどちらも気持ちのいいお庭。

033.JPG

パラソルの色も明るくなりましたね〜☆

030.JPG

隅々まで行き届いた素敵なお庭です!
どこを眺めても、主様の愛情いっぱい・・・。

051.JPG

木々や草花の表情が清々しいですよ。^^

046.JPG

解放されているお部屋も、小さな植物たちや雑貨がいっぱいです。
どれもかわいい!

048.JPG

作家さんの新しい作品もありました。
これは、きのこのガーラント。小さな編みぐるみのきのこちゃんたち・・・眺めているだけで癒されますよ〜☆

050.JPG

季節がら、ハロウィンのグッズもありました。
かわいいなぁ〜。。。

055.JPG

今回は、青色のぽってりとした鉢と花苗を購入。
素焼きの鉢とは違った感じで、気に入ってます。

家にある植物の疑問・質問やら個人的な話まで、ダラダラと話をしてしまいました。
ついつい居心地がよいので、和みまくりです・・・。
おじゃましました。ありがとうございました。(*´∀`*)

広島ブログ
posted by maco at 21:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

イラスト『朝ドラ・あさが来た』

今週から始まった朝の連続テレビ小説『あさが来た』。
おきまりのヒロインの少女時代からのスタートですが、子役の熱演がとてもよいですね☆
爽やかな朝に、うるっと泣かされたりしています。

057.JPG

はつとあさの姉妹は、それぞれタイプが違います。
おてんばで何事もはっきりとものを言う主人公・あさ。
思っていることを内に秘め、品がよくしっかり者の姉・はつ。
はつ役の女の子が、まぁ〜〜姉キャラにハマっていて、とても素敵です!
まるで私の子どもの頃のようなお姉ちゃんっぷりで(えっ?!)、長女の共感を得ているのであります。(私だけか?)

昨日の姉妹号泣シーンはもらい泣き、今日の物置でのシーンも、あさを温かい目で見守るはつの眼差しがとてもよかったですね。

あの貧乏ゆすりの許嫁と口うるさそうな姑に苦労するのが目に見えているだけに、ヒロインよりも話題をさらっていきそうな予感が既に漂っています。
能面も意味深だったな。


夏に帰省したときの話ですが、わたくしの妹ときたら、自分の本棚から「こいば読まんね!」(注・長崎弁 これをお読みになったらどう?お姉さま。の意味)と、この本を差し出すという・・・

113.JPG

(-_-;)

はいはい、読みましたよ。ごもっともな内容ですね。(←棒読み)

考えようによっては、健康で美しくいてほしいとの私への思いやりという解釈もできなくはないが・・・
ていうか、買ってたのね、この本を!!(笑)

はつ&あさ姉妹のような瑞々しい気持ちを思い出そうとしています。

広島ブログ
posted by maco at 17:09| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

とりとめのない話

娘と外出したとき、ルートの最後に食料品を買いにスーパーに寄ることがあるんですが・・・

そういう場合、少し前までは、お菓子売り場から持ってきたお菓子をカゴに入れていた娘が、最近では缶チューハイを入れるようになったので、大人(二十歳)になったんだなぁ〜とヘンなところで感慨に浸る母であります・・・。
(ちなみに、「ほろよい」がお気に入り。)

そして夕食時、「ほろよい」を三分の一飲んで具合が悪くなった同級生の男子の話をしながら、「これ、ジュースじゃね」と言う娘に、血は争えないと思ったりもします。

広島ブログ
posted by maco at 21:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

秋の味覚献立

夫が栗を拾ってきました。
ほどほどでいいと言ったのに、どっさりと・・・

004.JPG

昨日は今年の初物「栗ごはん」を炊いたので、秋刀魚の塩焼きなど併せて、秋の味覚を楽しみました。

008.JPG

焼くときに頭まで入らないので、お頭なしですが・・・塩焼きが一番好きだなぁ〜☆
汁椀は、満月にちなんで白玉粉でだんご汁にしました。
ほっくりやらモチモチやら・・・食欲の秋☆


ところで・・・
先ほど「方言チャート」(ネット上のサイト)というものをやってみたのですが、ズバリ当たりました!
設問に答えて絞り込んでいく方式なのですが、すごいですね〜☆

広島ブログ
posted by maco at 18:49| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

大和ミュージアム

シルバーウィーク中のことですが、初訪問となる呉市『大和ミュージアム』へ行ってきました。
連休中なので、もちろんすごい人・・・の中を見学してきましたよ。

060.JPG

やっぱり圧巻なのは、建物中央に鎮座した10分の1スケールの大和!

062.JPG

下の階から回る順路になっているので、10分の1といっても見上げる大きさの大和を眺めながら歩きます。

065.JPG

「宇宙戦艦ヤマト」のような構図・・・
4つのスクリューの推進力、船首もシャープ。

093.JPG

上の階から眺めると、甲板上の装備もよく見えます。

091.JPG

潜水艦やゼロ戦の展示もありました。

082.JPG

手持ちの3DSなどで説明を聞くことができるそうです。
今どきの設備ですね。

101.JPG

お隣の『てつのくじら館』が見えます。

展示資料が揃っていて、詳しく専門的な説明があり、子どもにも興味を持ってもらうような工夫もあり、人気の施設の所以がわかります。
軍港・呉の歴史から、最新最強の技術を結集した大和のこと、戦後の造船と街の発展の様子など・・・ごった返す館内でしたが、いろいろ見学できました。
『艦これ』好きな女子たちも「広島艦隊」で熱くなれる場所であります。

このような武器を搭載した船がいらないくらいの平和な世の中を希望しますが、それは現実難しいとしても、二度と戦いに出なくてよい時代がずっと続くことを願います。


話変わって・・・
ましゃ様がご結婚されたとのこと。
しばらくはこの話題で持ちきりでしょうか。
カープ12連戦も終盤・・・「もう負けられない」とか「崖っぷち」とか何度となく言われてますが、マジでCS行けるかの瀬戸際ですね。最後の最後までハラハラしそうですが、勝つしかない!
とか書いたら負けそうでコワイけど書いちゃった。(;^_^A


広島ブログ
posted by maco at 18:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

『ちんちくりん』

母と妹は広島焼きが大好きなので、こちらに来たときは必ず一度は食べに行くことにしています。
近隣のお店など、好きなお店はほとんど行っているので、今回はどこに行こうかと考えて・・・友人が家族でよく行くと話していた、西区井口にある『ちんちくりん』さんへ行きました。
(リピートしてもいいんですけど、私がいろいろなお店で食べてみたいので・・・)

2号線沿いにあるので知ってはいましたが、反対車線で通ることが多くて、なかなか立ち寄らないお店でした。

着いてみると、ちょうど1台ぶん駐車できてラッキー。ということは、中は結構なお客さんでいっぱい。
オススメという「トロトロ半熟豚玉焼き」を注文しました。

058.JPG

待ち時間は思ったより早く、鉄板で運ばれてきました。
とろとろの卵が見た目にもそそりますね。とってもおいしかったです!
イカ天も入っていて、マヨネーズも運ばれてきました。
麺は好みで生麺と蒸し麺が選べます。
私としては、また食べに行きたいおいしさでした。

広島ブログ
posted by maco at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

タオル美術館

今治・湯ノ浦温泉で1泊して、2日目は同じく今治にある『タオル美術館』へ行きました。
早めにチェックアウトして、開館時間に合わせて行ったのですが、既に個人や団体の方がたくさん・・・!
思ったより混雑していました。

021.JPG

私は2度目です。タオル製造見学とムーミンと俣野温子さんの展示は変わっていませんでしたが、スヌーピーのタオル織り展とムーミンのキルト展は以前になかったものでした。

030.JPG

ムーミンハウス!

034.JPG

何度見ても、ムーミンのタオル織りは、よく作られているなぁと思います。
今治タオルの技術力の結晶ですね。

037.JPG

手仕事の素晴らしさいっぱいのキルト作家さんの展示。

038.JPG

こんな大物も、ひと針ひと針の積み重ねで出来上がっています。
私なら途中で投げ出してしまいそうな、根気の要る仕事です。

029.JPG

タオル美術館の外は、庭園になっています。
季節に合わせた草花などの間を歩いて回れます。

044.JPG

これも以前はなかったムーミンたちのブロンズ像。
モランも小さくてかわいいです。

045.JPG

好きなキャラと写真を撮ったりして楽しめます。

052.JPG

ホテルの朝食バイキングをガッツリ食べたので、お昼は館内にある「ミュージアム・カフェ」で「アフタヌーンティーセット」を4人で分けて食べました。
普通サイズのケーキ、焼き菓子、スコーン、みかんゼリー、サンドイッチ、ドリンクのセットなんですが、二人で分けても充分な量でした。軽く食べようと思ったわりには、しっかり満腹に・・・。
スコーンがとってもおいしかったですよ。

帰路は渋滞もなく、スムーズに走って行けました。
短い休憩を取りながら、タオル美術館から2時間半で五日市ICに着きましたから、渋滞さえなければ爽快なドライブが楽しめるコースですね。
瀬戸内の海や島の景色は美しいです☆ 

広島ブログ
posted by maco at 19:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

しまなみ海道

昨日の続きです・・・

「しまなみ海道」を通って、今治へ向かいました。
8年ほど前に行ったきりで、久しぶりのしまなみルートです。

自分の運転なので、あまり写真もないのですが・・・二つの橋だけ写真を撮りました。
橋のたもとや「道の駅」や展望台のみ立ち寄りました。あとはひたすら走るだけ・・・。(;^_^A

生口島と大三島に架かる「多々羅大橋」です。

001.JPG

私の好きな斜張橋・・・橋も周りの風景もきれいですね〜☆

004.JPG

「道の駅・多々羅しまなみ公園」から見上げたもの。
連休でどこも人が多かったですが、こちらの道の駅も多かった・・・お昼ご飯を食べる予定が、高速道路の渋滞などですっかり予定が遅れて、3時ごろ到着。
それでも、レストランは行列、外のB級グルメ店舗も行列・・・魚の定食も焼豚玉子飯も売り切れでした。
仕方なく「じゃこ天」と「みかんソフトクリーム」でお昼代わり。

車も多いのですが、サイクリストが大勢いました。
橋を渡るときも、広く整備された専用道路を行き交うサイクリストのみなさんを横目に走りました。
走りやすそうですよね〜☆ お天気もいいし、気持ちよさそうでした。

次は、大島と四国(今治)に架かる長〜〜い橋「来島海峡大橋」です。

011.JPG

今治側にある展望所に立ち寄り、家族で記念写真!
そこにあった本四公団(だったかな?)のキャラ・わたるくんを見つけ、ゆるキャラ好きの血が騒ぎました。

013.JPG

この子の頭に、セルフタイマーをセットしたカメラを置くと、いい具合に大橋をバックに記念撮影できるという優れもの?です。

008.JPG

ベンチにも、わたるくんが!
隣りに座って写真を撮りましたよ。(非公開)

途中のICで降りると、平山郁夫美術館やこじゃれたカフェなどもありますが、時間も余裕もなく、今回は素通りでした。いつかまた、ゆっくり島に立ち寄って楽しみたいです。

広島ブログ






posted by maco at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

カープ・モケケ

ちょっとだけご無沙汰していたブログの更新です・・・。

シルバーウィーク5連休は、長崎の母と妹が広島へやってきまして、ワイワイしている間に終わりました。
我が家に泊まり、それから「しまなみ海道」を通り愛媛県今治市内の温泉へ宿泊したりと楽しむことができました。
夫は所用で行けなかったので、娘と私を合わせて4人の女子旅。
今回は私が運転係・・・久しぶりに高速道路をぶっ飛ばし、いえ安全運転で行ってきましたよ。

往路の小谷SAで、カープ仕様のモケケを発見!
モケケ好きな娘が買わずにはいられません・・・(;^_^A
胴体が赤と白と二種類ありました。

015.JPG

連休中はとてもいいお天気でしたね。
道路は事故やら何やらで渋滞して1〜2時間のロスタイムもありましたが、予定通りいかないことも含めて楽しんできました。

旅のあれこれは、またダラダラと小出しに書きたいと思います。
(* ̄∇ ̄*)


先ほど、ネットのニュースで北斗晶さんが乳がんの手術をされると知りました。
検診も欠かさず受けていたとのことです。
旅行中に妹とも婦人科健診の話をしていたところで、二年に一度でいいと病院の先生に言われたからそれでいいんだろうね、なんて話をしてましたが、一年に一度でも見つけることができない(進行が速い)病気なのですね。
病気に負けないでほしいです。明るい笑顔で元気な北斗さんの復帰を待っています。


広島ブログ
posted by maco at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

『ランド』第一巻

以前見たNHKの『浦沢直樹の漫勉』という番組で、漫画家の山下和美さんが、漫画制作の様子やインタビューなど取材を受けていらっしゃいました。(漫勉は、今月から新シリーズが始まりました!)
その時、描いておられたのが『ランド』。
あるカットを描くのに、かなりの時間をかけ、こだわり抜いて悩みながら描く様子が映し出され、創作することの大変さが伝わるシーンでした。
それでこの作品に興味を持ち、図書館へ予約。けっこう待ちましたが、ようやく読めました。
手に取ってみると、普通のコミックスの1.5倍ほどの分厚さです。

003.JPG

『ランド』@(山下和美 講談社モーニングKC)

舞台は周囲を山に囲まれたとある村。
着衣などから、明治時代?の日本のどこかの村ではないかと思われました。

ずっと受け継がれてきた風習を守り、50歳になると「知命」を迎え、山の向こう「あの世」へ葬られるという。儀式や祭りでは、獣の皮を被った役人たちがすべてを取り仕切り、東西南北には四ツ神様が村人を見下ろす村・・・それが村人たちにとっての「この世」なのです。

この村の少女・杏(あん)は好奇心旺盛で、何にでも興味や疑問を持ち、とりわけ山の向こう側「あの世」が気になるのでした。

杏を中心に、周囲の大人たちの言動、山での新たな出会いなど、第一巻は序章に過ぎませんでした。
いかにこの村が閉鎖的であるか、生贄や知命などの風習を人々が信じて疑わない様子など、違和感を感じながら読み進めた先に、驚きの展開が待っていました。
終盤のシーンで、読み手は鳥肌が立つような光景を、杏とともに目撃することになります。


ベテランらしい安定のストーリーと筆、そして驚きが、読み手を世界へ引き込んでいきます。
二巻以降の展開がカギとなりそうな漫画ですよ。
裏表紙に「山下和美が抱く、日本という国への不安。」を描くとあります。
現代社会の不安や閉塞感を、作者がどのようにフィクション仕立てに描くのかが楽しみな漫画です。

広島ブログ
posted by maco at 20:15| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。