2014年04月25日

映画『アデル、ブルーは熱い色』

今日は、シネツインで上映中のフランス映画『アデル、ブルーは熱い色』を観に行きました。
久しぶりのシネツイン。レディースディもあり、女性が多かったです。

001.JPG

顔の向きで横にしたら、タイトルがおかしなことに・・・
こういうところが、うっかり者ですね。(泣)


女性同士が愛し合い、やがて別れていく・・・青春の1ページ。めっちゃ簡単に言うとそういうことになります。

好みが分かれそうな映画ですが、私はよかったと思います。
何と言っても、二人の女優さんの圧倒的な演技。ドキュメンタリーのような迫力で、演技に引き込まれましたよ。
エマ(髪の毛を青く染めた女性)は美大生(やがて画家になります)。そういうこともあり、映画全体がとてもきれいで美意識を感じさせるものでした。
別れても断ち切れない思いを抱えたアデルが切なく、最後は見る者に委ねた感じのエンディングでした。

ブルーの髪色、素敵でした。似合ってたな〜。
少し大人になるとブロンドになってるんですが、あの青い色は若気の頃の象徴なのかもしれませんね。
人を愛すること、愛し合うことに性別は関係ないと、改めて思いました。
これも意見が分かれるところかな。


広島ブログ
posted by maco at 19:29| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。