2015年07月03日

皿シュウマイ

本屋で立ち読みした料理本に載っていたメニュー・・・皿シュウマイです。
シュウマイを皮で一つずつ包まず、皮を敷き詰めたお皿にタネを入れて作るから「皿シュウマイ」(見た目そのまんま?!)と名付けられていました。

材料や分量は目に焼き付けて帰ったので、レシピ通りじゃなくテキトーなところもありますが・・・。

002.JPG

豚ミンチに、卵・しょうゆ・さとう・ごま油・片栗粉・しょうが汁・塩コショウなどの調味料を入れてこねます。
それに、刻んだたまねぎともやしを混ぜます。
シュウマイ皮を敷き詰めた深めのお皿に、タネを入れます。
平に均したら、グリンピース代わりに、買い置きのあった冷凍枝豆をのせてみました。
(わざわざ買うのももったいないと思って。)

水を張ったフライパンにお皿を入れて、蓋をして蒸し焼きにします。
(もちろん、水はお皿の深さより低くなるように・・・)
中まで火が通るように(25分ほど?)、お湯がなくなって空焚きしないように気を付けて蒸して出来上がり。

003.JPG

適当な大きさに切り分けて、ポン酢やからしを付けていただきます!

・・・ご覧の通り、かなり豪快な料理ですが (;^_^A 、家族でハフハフと肉を取り合い(・・・じゃなくて、分け合いながら)食べるのも楽しく、おいしいメニューでした。

食べてわかったのですが、しょうが汁ともやしがいい仕事をしてくれてます。
私は「太もやし」を使ったので、そのせいかもしれませんが、もやしがシャキシャキとしてておいしかったです。
ひき肉と同じ分量のもやしが入っているのですが、混ぜ合わせるときには「これって混ざるのだろうか?」と思いながらの作業でしたが、混ぜているとだんだん馴染んできましたよ。(折れたせいかも?)


今回、グリンピースじゃなくて枝豆を代用したのですが、そもそも何故シュウマイにはグリンピースをのせるのか?疑問に思ってウィキってみましたら・・・
中国にはない習慣で、日本の学校給食が始めたことなのだそうです。
ショートケーキに苺がのっているように、シュウマイにグリンピースをのせたとか・・・。
それに数を数えやすくするためのアイデア、ということだそうですよ。


広島ブログ
posted by maco at 15:48| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。