2014年11月06日

お酒の話・・・

日記ネタがないので・・・自分の話で恐縮です。

朝ドラ『マッサン』効果で、「竹鶴」やウイスキーに注目が集まっているそうですね。
確かに朝っぱらからウイスキーが飲みたい気分になります。

実はわたくし、お酒は強いんです。
最近では健診に引っかからないよう、自制(かなりの自制)しています。アル中じゃないので我慢できます。
(●´ω`●)ゞ だから日記(ブログ)にも、お酒の話が登場しないのです。ほんとは大好き!
たまーに、たまーーーに、例えばおいしいお料理をいただく時などは、おいしいお酒があったらなぁ〜なんて思ったりします。

一番好きなのは日本酒(辛口が好み)で、他は何でもいける口です。
焼酎は麦(基本はいいちことか、閻魔など)、ウイスキーは山崎(一時期バーボンもよく飲んでましたわ)、ビールはピュアモルト系とか辛口、ワインは白かな。たまにはカクテルもいいですね☆
まぁぐだぐだ言わずに、大抵何でも飲める人です。

まだ独身の頃、一人旅で広島にやってきた夜、今は無き「広島グランドホテル」のラウンジで、シンガポールスリングをカウンターで飲むオンナ。まさか住むことになる街だとは思いもしないで・・・(←ハードボイルド的な声で読んで!)
※何しに広島に来たのかは、またいつか・・・あ、大したことじゃないデス。
ひとり飯もひとり酒も平気。たくさん飲む(お金を落してくれる)から、スナックのママさんたちとも仲良しで、話を聞いてもらったり・・・楽しかったなぁ〜。
バブル期を経てきた人ですから、お酒や盛り場?には結構お金を注ぎ込みました〜〜。
あの頃はよかった〜〜(笑)
私は長崎で生まれ育ったので、夜の思案橋や銅座界隈を巡り、〆に温かいものを食べ(「かにや」というおにぎり専門店、おじや、ちゃんぽん、うどん、餃子などなど)、どんなに遅く(朝方に)なっても、会社に行きちゃんと仕事をするのが流儀でした。
同僚(男子)が、トイレに突っ伏して、トイレットペーパーを敷き詰めた個室で倒れていようとも、私は仕事!(笑)

というのも、どんなに飲んでもほとんど酔わないので、眠いけど割と元気だったんです。
楽しく飲むので、飲んでも飲まなくてもテンションが一緒なら、飲まなくてもいいじゃん?という、ある意味勿体ないですね。
20代で若かったこともあって、自分で言うのもナンですが、ほんとに強かった・・・。

結婚してからは、広島に来たことで、そういう付き合いもなくなって、家でたしなむ程度になりました。
だから、たぶんあの頃よりは弱くなってると思いますが、顔は赤くならないし、家計を圧迫しないのなら、いつまででも飲み続けられる体質は変わってないのではないかと思います。

さて、だらだらと昔話になりましたが、自分が自制していることもあり、家にお酒をほとんどストックしなくなりました。(夫は飲みたいときだけ、自分で調達する・・・)

そんな我が家に、料理用の日本酒以外で、ただひとつ残っているお酒が「電気ブラン」です。

024.JPG

ラベルはこんな感じで。

025.JPG

『マッサン』の中で、日本人好みにいろんなものを配合・調整された「赤玉ポートワイン」らしきものが登場していましたが、これもおそらくそういった類なのかもしれません。
ご存じの方もいると思いますが、明治から大正時代に作られヒットしたそうですが、基本のブランデーに、他のリキュール類などいろいろ混ぜてある庶民のお酒です。
今も販売されていますよ。価格も安く、千円程度。これはオールドタイプで、度数は40度。

もちろん、正統なVSOPとか山崎などがおいしくて好きですが・・・これはこれでアリです。
ハイボールにしてもおいしいです。

でも自制中・・・。(_ _。)
ほんとは、西条の酒まつりも参戦したい! 






posted by maco at 17:16| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

>今は無き「広島グランドホテル」

懐かしいですね。
私は初めて親にカミさんを紹介したのがここでした。
Posted by もみじ日記 at 2014年11月07日 00:48
もみじ日記さん、コメントありがとうございます。

今ではマンションに変身してしまったあの場所。
思い出の場所なのですね。
たくさんの思い出や記憶に残るホテルなんでしょう・・・。(しみじみ)

Posted by maco at 2014年11月07日 10:46
私は「広島グランドホテル」で
結婚式をいたしました(爆!)
懐かしい…

macoさんお強いんですね〜!
私はお酒大好きでも、それほど強くはないです
カクテルなどお洒落な飲み物のんだら
たぶんこテッ!・・・です

電気プランを初めて知ったのは
森見登美彦さんの小説でした
実物を見たのは、吉田類の酒場放浪記で。
さすがの吉田さんもべろべろでした(笑)
吉田さんのように、居酒屋ウロウロして
毎夜徘徊する生活送ってみたいヽ(^o^)丿
Posted by くりちゃん at 2014年11月08日 12:46
くりちゃん、コメントありがとうございます。

おお〜〜!あのホテルはメモリアルな場所だったのですね♪
私が飲んだくれている間に、くりちゃんはお嫁さんに・・・

今ごろになって、なんでこんな記事を書いてしまったのか、ちょっと恥ずかしくなってきました。
1杯でコテッといってみたい、顔を赤らめてみたい・・・それが私の密かな憧れ?です。

そうですか、小説にも登場したお酒なんですね。
酒屋で立ち飲みしていた社会人時代に知っていれば、電気ブラン飲んだのになぁと・・・こういう庶民なお酒も悪くないです。

いいですね〜、私も毎夜放浪してみたい!! 酒場放浪記、ガチでやってみたいです☆
Posted by maco at 2014年11月08日 17:37
macoさん、酒豪なんですね!意外で素敵です!!
私はそれこそ一滴も飲めないので、お酒を楽しく飲める方がうらやましいです(●^o^●)

お酒はお付き合いできないので(笑)、いつかカフェで一緒にお茶して下さい♪

Posted by ぷにまるこの母 at 2014年11月10日 13:40
ぷにまるこの母さん、コメントありがとうございます。

お酒は飲めなくても生きていけますからね(笑)、飲めなくても全然大丈夫、むしろかわいくて私は羨ましいです。

o(*^▽^*)o~♪ワーイ!! 
お茶でもランチでも、ぜひご一緒しましょう☆
Posted by maco at 2014年11月10日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。