2014年05月02日

映画『アナと雪の女王』

先日、『アナと雪の女王』を観てきました。

006.JPG

ディズニーらしいスピード感とストーリー。
ミュージカル仕立てもよかったし、アニメーションが雪と氷の世界を美しく表現していて、細かいところまでこだわって作られていると感じました。

2時間弱に収めるには、こうするしかなかったのかもしれませんが、姉妹の愛情を育む場面などがもっとほしかったかなぁ〜と、まぁいろいろ感じたことはあります。
苦労して旅を伴にしたクリストフとのクライマックスシーン!・・・かと思われた場面は、あっさりと姉妹の愛の絆に持っていかれて肩すかし? そのあたりは今までの伝統的な展開とは違いましたね。
(ネタバレっぽいかも・・・スミマセン)

2D日本語吹き替え版にしたのですが、評判通り、松たか子さんの歌は素晴らしかったです。
「Let It Go」耳に残る曲ですね。
歌と動き(お城が出来上がっていく様子など)がピッタリはまっていました。

雪だるまのオラフとトナカイのスヴェンが、いい味出してました。
ディズニー映画には必須のサブキャラです。
それから、冒頭のミッキーとミニーの短編アニメがとてもよかった!


私も姉妹(私が姉)なんですが、エルサとアナのような絆はあるのだろうか・・・?
お互い「ありのまま」の自分を通しまくっている姉妹。今更怖いもんなんかない「おばちゃん姉妹」でございます。


広島ブログ

posted by maco at 15:48| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごらんになったんですね〜♪
松さんの歌もますます聴いてみたくなりました
よくあの英語の歌詞を日本語にはめた方も
すばらしいですよね〜(笑)

macoさんの突っ込みどころ、鋭すぎて
受けました(笑)
そこはお子様向けということで
妥協いたします
でももうちょっとお姉さんのほうを
ストーリーに取り込んでほしかったような
物足りなさはありました

そうそう、ミッキーの短編かわいかった〜
どうやったらあんなの思いつくのかしら
と思うくらい、よくできてましたね
ファンタスティック!でした

Posted by くりちゃん at 2014年05月02日 18:54
くりちゃん、コメントありがとうございます。

みました〜!くりちゃんレビューにも背中を押され・・・考えてみると、劇場でディズニーアニメを見たのは初めて(いつもビデオやDVDばかりで。)なんですよね。^^;

クリストフの場面、あれほど見つめ合って、盛り上がっていながら、くるっとお姉さんに向きを変えて庇うなんて・・・ちょっと彼が不憫に思えちゃって(笑)
おばさん目線で、子どもたちに申し訳ない言い分ですけどね。

Posted by maco at 2014年05月02日 20:47
ありの〜ままの〜♪
歌ってきましたか?ヽ(^o^)丿
Posted by arigarden at 2014年05月02日 21:39
arigardenさん、コメントありがとうございます。

みんなで歌おうバージョンではなかったので、心の中で歌いました・・・。
(●´ω`●)ゞ
映画でのこういう企画も目新しくて人気の一因なんでしょうね。

今年のピアノの発表会では、この曲を弾く方が多いのではないのかな。
Posted by maco at 2014年05月03日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。