2013年08月21日

岡山・美星天文台

お盆休みの期間に、家族で岡山県井原市美星町へ行きました。
目当ては、中国地方では一番大きな望遠鏡を備えた「美星天文台」です。

043.JPG

薄暗い夕刻に、ちっちゃなデジカメで撮ったので、ぼんやりしてますが・・・
山の中で、余計な光のないところです。

046.JPG

20時ごろ、こと座のベガと土星の輪を大きな望遠鏡で見ることができました。
月は半月でしたが、小さな望遠鏡でもクレーターまで良く見えて、とてもきれいでした。
ちょっと曇っていたので、雲が切れるのをしばらく待ちましたが、待った甲斐がありました。
夏休みでお盆、そして、ペルセウス座流星群が13日にピークだったこともあり、この日は多くの人が施設を訪れていましたよ。

専門家の方が数人おられて、望遠鏡の近くや展望台で説明してくださるのも、わかりやすくてよかったです。

近くにあるペンションで一泊。

星の写真はありませんが、食事の写真はしっかりと・・・。

041.JPG

042.JPG

ご夫婦で経営されている小さなペンション・・・自家製のお野菜で作ったお惣菜、お漬物、スイカなど、どれもおいしかったです!

048.JPG

毎日でも食べたい、絵に描いたような朝ご飯。

違った季節に、いろいろな星を眺めたい天文台でした。

広島ブログ
posted by maco at 21:54| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美星町というネーミングだもの、期待できそうな・・
子どもの頃の理科の授業では、星座の授業ガンガン苦手でした。区別がつかなくて・・・・「これは、何座?」「わからん」って、感じで、1時間が過ぎていく・・・・ロマンのかけらも無い子どもでした。
大人になって、空や月や星を意識して見上げるようになったかな。

本格派の天文台で見上げる星空はいかがでしたか?
ロマンチックを体験されたかしら?本格的だから、むしろ科学的ぽいのかな?

ペンション、家族で泊まるのいいですね。
ご夫婦が力をあわせて切り盛りしてる、というかたは、みたいな所は、応援したくなります
Posted by itatchi at 2013年08月23日 08:57
itatchiさん、コメントありがとうございます。

そうですね、町の名前からも美しい星が見えそうな・・・きれいな町名ですよね。

授業はきらいではなかったけど、昔の人の星座の感覚は、現代っ子にはちょっと難しいですね。
娘が「天文台や子ども文化科学館(プラネタリウム)で働きたい!」くらい天文学が好きで、津和野の近くの日原天文台にも何度か行きました。
(でも理系じゃなく文系です。^^;)

今回初めて美星町に行きましたが、学者さんらしき人も数人いて、本格的な施設でしたよ。日原より設備も立派でした。
あとはお天気次第ということで・・・スッキリ晴れてなかったので、全体の星の見え方は、以前の日原のほうが降るように星が見えました。

私の場合はロマンティックより、具合的な科学の話を聞く方が好きな方かもしれませんね。

Posted by maco at 2013年08月23日 16:25
家族でペンション!
楽しそうでいいですね〜…
お料理もおいしそうです
お皿ももしかして星の形になってるのでしょうか・・・

子供たちが小学生のとき、星座盤をもって
よく夜空を眺めてましたが・・・
夏の空もきれいですが、意外と冬の空の星座もきれいで好きでした。
こんな旅行もいいですね(^_-)-☆
Posted by くりちゃん at 2013年08月23日 16:54
くりちゃん、コメントありがとうございます。

<( ̄口 ̄||)>!!!
言われて今ごろ気づきました・・・
リンドウではなく星の形なんだ、と!
というか、和の食器ではありますが、星に因んだ形の器を使ってらっっしゃるんだろうな〜と。。。
くりちゃん、さすがです!

冬の夜空は、空気が澄んでてきれいですよね。寒いけど、夜空ウォッチングには楽しい季節ですね。

Posted by maco at 2013年08月24日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。