2015年10月26日

古典の音読

今日は、NHK文化センターの特別講座「加賀美幸子さんと声に出して読む『源氏物語』」に参加してきました。
あこがれの加賀美幸子さんとご一緒できるなんて・・・とっても楽しみにしていた時間です。

004.JPG

老若男女80人以上が集まっての講座でした。
NHKを退職されても、TVやラジオで活躍中のアナウンサー。生でお聴きした声は、丸く温かくなめらかでした。
長きにわたり古典の朗読に取り組んでらっしゃいますが、「読む」ということよりも、古典の良さをみなさんにお伝えしたいという強い気持ちがそこにあることがよくわかりました。
読む前に、しっかりとその時代の背景や作者のことなどをレクチャーしてくださり、単なる音読の技術ではない味わい方を知ることもできました。

今から千年前に発表された『源氏物語』や『枕草子』、数多くの和歌や漢文、紀元前500年という気の遠くなるような時代に教えを説いた孔子・孟子・老子の言葉など・・・けして古びることがなく、むしろ混沌とした現代にこそ必要なのでしょうね。(筋の通らない今の政治家にこそオススメしたい・・・)

紫式部や帝たちも、その当時でいう「古典(孔子や孟子など)」に学んできた。古典とはいつの世でも学びの礎なのだという加賀美さんの言葉に、単純に納得できました。
短歌についても造詣が深く、勉強になりました。
日本人でありながら、日本の素晴らしい文化や文学を知らないというのは、とても勿体ないという気持ちになった今日の朗読会でした。

010.JPG

講義が終わって、加賀美さん著の本にご自身のサインと私の名前を入れていただきました。
感激!O(≧▽≦)O ♪

広島ブログ
posted by maco at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。