2014年11月26日

『小麦のワルツ』のパン

昨日は、午前中は皮膚科へ、午後は美容院へ行き、ちょっとスッキリ・・・。

3日ほど前から、原因不明の湿疹(かぶれ?)で痒くて、我慢できずに病院へ行きました。
元々皮膚が弱いのですが、それでも久しぶりに病院に行きたくなるほどの症状が出ました。
結局よくわからないけど「これ飲んで、これ塗って」と処方されたキツイ薬で、今日は痒みもずいぶん治まりました。
よかったー。

何か薬を塗りましたか?と訊かれ、バカ正直に「オロナイン軟膏を塗った」と答えたら、失笑されました・・・。
「オロナインは、消毒薬みたいなもんだから、効かないよ」と。(;^_^A
何でもとりあえずオロナイン塗っとけ!の人なので、ちょっと恥ずかしかったです。(汗)

その後、美容院でカットとカラーをして、担当さんとおしゃべり&雑誌で情報収集・・・。
こういうときでないと読めない女性週刊誌や地域情報誌など読んでいると、広島のパン屋特集で、知らない近場のパン屋さん数軒を発見したので、名前や場所を目に焼き付けました。

帰りに、そのうちの1軒へ向かいまして・・・。
廿日市大東にある『小麦のワルツ』というパン屋さんです。
広電・山陽女子短大前駅のすぐそばにあります。

001.JPG

まだ新しいお店です。
こちらは、すべてのパンが天然酵母と全粒粉、白砂糖不使用の無添加生地にこだわったパンを作っているそうで、広くない店内ですが、少しずついろんな種類のパンが置いてありました。

002.JPG

004.JPG

温め直して食べましたが、噛むと全粒粉の味わいが香ばしくおいしいパンでした。
ひとつ一つ丁寧に作ってある感じがしましたよ。
全粒粉のパンは、独特の風味が苦手に感じるパンもあるんですが、こちらのパンはそんなことがなく食べやすいパンでした。

広島ブログ
posted by maco at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。