2014年11月17日

年中楽しめる紫陽花

もう一つ、書き忘れていた長崎土産で、「おたくさ」というパイ生地のお菓子があります。

001.JPG

これをお配りすると、「おたくさって何?どういう意味?」と尋ねられることが多いです。
そうやって何回も訊かれるうちに、私も説明できるようになったのですが・・・。

あじさいが多いのか、雨が多い(統計的にはわかりませんが、「長崎は今日も雨だった」という歌もありますしね)長崎の街に似合う花ということもあるのか・・・長崎市の花はあじさいです。

長崎ゆかりの医師・シーボルトは、お滝さんという女性と出会い、娘も生まれました。(おイネさん、のちに日本人初のお医者さんになります)

シーボルトはあじさいが好きで(シーボルト邸にも植えられていますよ。)、学名に大好きなお滝さんの名前をつけたのが(おたきさん⇒「OTAKSA」⇒おたくさ)、おたきさん花と呼ばれる理由になったそうです。

このお菓子は、あじさいの花(本当は花ではなくてガクの部分かな)をかたどっています。
4枚の花弁(ガク)の形をしたパイ生地です。
バターが効いていて、サクッとおいしいお菓子です。
カステラより軽いのも、お土産にはラクなんですよね・・・。

長崎にお立ち寄りの際には、おひとついかがでしょうか。^^;

広島ブログ
posted by maco at 12:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。