2014年06月17日

『母娘ふたり展』

先日、佐伯区の公民館で開催中の『母娘ふたり展』へ行きました。

002.JPG

お母様は日本刺繍、お嬢さんは書道・・・それぞれの作品が展示発表されているのですが、美しい和の文化が融合した素敵な空間でした。

007.JPG

書は女性らしいやわらかな筆づかいが美しく、さすがは書道の先生・・・自分もこんなふうに書けたらなぁ・・・やはり美しい文字は憧れであります。

日本刺繍は、着物や帯などに用いられる日本の伝統的な刺繍です。
敷居の高いイメージではなく、タペストリーや小物などに施された日本刺繍の身近な楽しみ方を発見できて、とても新鮮でした。
西洋の刺繍とはまた違った趣のある作品で、金糸銀糸の豪華なものから、季節を切り取ったかわいいものまで素晴らしかったです。大きな作品は、どれくらいの時間をかけられるのでしょう・・・。

008.JPG

どんな道具を使うのかや、刺繍のしかたなど、日本刺繍についての本が置いてありましたので、それも参考になりました。

009.JPG

折り紙などで作られたディスプレイが、さらに作品を引き立てていて、まるごと心地よい和の世界なんですよ〜!

母と娘でこのような発表ができるって、羨ましいですね。
温かく仲睦まじい母娘ならではの雰囲気を味わうことができました。


広島ブログ
posted by maco at 12:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広島ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。